愛とは関心をもつこと

こんにちは、東京のカウンセリング|サラカオルの安藤はま子です。

 

愛とは、いろいろな定義がありますが、その一つとして「関心をもつこと」があります。関心を持つとは、その人や物に注意を向けたり、気にしたり、必要としたりすることです。

 

関心が薄れていくと、人も物も衰えたり、劣化したり、存在が薄くなっていきます。例えば、普段使っているカップを新しい頃は喜んで使っていたけれど、関心がなくなり気にもしなくなると、手が滑ってカップが割れてしまうなどとなります。

 

植物なども、関心をもって眺めたり、世話したり、話しかけると、きれいな葉色になり花をたくさん咲かせます。ところが、どうでも良くなって放っておくと、元気がなくなりたちまち枯れてしまいます。

 

この世のすべての人や物はあなたの愛があるので、そこに存在しています。あなたの愛がなくなると消えてなくなっていってしまうのです。

 

相手に関心を持つことを愛だとは思わないかもしれませんが、本当は、それも愛の形なのです。関心を持たれた相手は、素敵に輝き、元気になります。

 

昔から、この世のすべては愛だと言われていますが、愛と言うエネルギーはやはりとても大きな力をもっているようです。

 

愛が何かは分からなくても、人や物に関心を持ってみると、あなたの世界がもっともっと輝き出し、元気になっていくことは確かです。

 

◆「望む人生を手に入れる」メルマガのお申込みはこちら
◆カウンセリングのご案内はこちら

2018/02/27

出版書籍

親との問題
amazon詳細ページへ

カウンセリング実績4000件以上の著者が教える、親との関係を良くして、人生を変えていく方法。子どもの頃、親に抱いた思いが現在のあなたの問題、悩みや考え方に関係しています。「親との問題をつくり出すメカニズム」「問題を解決するポイント」「インナーチャイルドを使って感情を解消する方法」などは、あなたが親との関係を良くするために役立ちます。「主婦、母親、女性、職業人としてのバランスは?」「女性として生まれたのには意味がある」など、女性として人生をより良く生きるためのアドバイスもあり、人間として成長できる一冊です。