仕事の基本はスピーディな対応

こんにちは、東京のカウンセリング|サラカオルの安藤はま子です。

 

5年前に大々的な家のリフォームをした時に、資料を取り寄せた大手企業から、先日アンケート電話がありました。「うちのいたらなかった点はなんでしょうか?」というものでした。

 

リフォームをするときに、以前から家の部分的な修理を何回かお願いした小さいリフォーム会社と、アンケート電話がかかってきた大手企業の2社に話を聞いてから決めようと思っていました。

 

どちらにも同じくらいに連絡をしたのですが、すぐに連絡があり、人が来ていろいろな提案をしてくれたのは小さいリフォーム会社でした。大手企業の方は、電話をしてもあまり詳しいことは聞かれず、「資料をお送りします」とのことでした。ところがいつまでたっても資料が届きませんでした。

 

そうこうしている間に、小さいリフォーム会社はこちらの希望を聞き、「こんな設計ができます」といくつも図案をもって訪問してきました。大手企業からは資料も届きませんし、何の音沙汰もなく、そうこうしているうちに小さいリフォーム会社の熱心さや提案の良さに惹かれ、心がそちらに傾いていました。

 

その頃になって、やっと大手企業から資料 が届いたのです。うちの方ではすでに小さいリフォーム会社にほぼ気持ちが固まり、遅れてきた資料を読む気もなくなっていました。

 

結果的に小さいリフォーム会社に依頼して、大満足のリフォームとなったのですが、その頃になって、大手企業から頻繁に同じ資料が送られてきて、電話もかかってきだしました。

 

その時に、仕事の基本はスピーディな対応だなと改めて実感したしだいです。もっと早く資料が届き説明してもらえていたら、大手企業を選んだ可能性が高かったのです。その内容は、なかなか魅力的でうちの気持ちは大手企業の方によりあったからです。

 

なんでも早ければいいというものでもないでしょうが、待っている人のことを考えれば、とりあえず何かしらの対応をする方が喜ばれるのではないでしょうか。

 

さて、アンケート電話にはどう答えたかと言いますと、「タイミングが合いませんでした。他社の方がすぐにご連絡くださったので」とお答えしました。

 

◆「望む人生を手に入れる」メルマガのお申込みはこちら
◆カウンセリングのご案内はこちら

2017/10/27

出版書籍

親との問題
amazon詳細ページへ

カウンセリング実績4000件以上の著者が教える、親との関係を良くして、人生を変えていく方法。子どもの頃、親に抱いた思いが現在のあなたの問題、悩みや考え方に関係しています。「親との問題をつくり出すメカニズム」「問題を解決するポイント」「インナーチャイルドを使って感情を解消する方法」などは、あなたが親との関係を良くするために役立ちます。「主婦、母親、女性、職業人としてのバランスは?」「女性として生まれたのには意味がある」など、女性として人生をより良く生きるためのアドバイスもあり、人間として成長できる一冊です。