望みを絞る方が願いは早く叶う

願いを叶えたいときになかなか叶わない理由として第一に挙げられるのは、あれも欲しい、これも欲しいと願いが分散していることです。分散していると形になるのに時間がかかってしまいます。その結果、願いをあきらめてしまったり、ものすごく時間がかかってしまったりします。

 

簡単な例でお話すれば、一番飲みたいのはマンゴージュースなのに、メニューをみたらオレンジジュースもりんごジュースもパイナップルジュースも飲みたいなと思ってしまう。いつまでもマンゴージュースに決められません。決められないのでマンゴージュースを頼めずいつまでたってもマンゴージュースを飲めないことになります。

 

また例えば、婚活中で結婚相手を探しているけれどいつまでも結婚相手が決まらないとしたら、結婚相手に求める条件が多すぎるのかもしれません。優しい人で年収も多く、イケメンで高身長、高学歴という人を求めていたらなかなかそのような人は現れません。思考が分散してしまっているのでそうした人を創るのに時間がかかるからです。本当に結婚したいなら条件をどれかに絞ることです。

 

ついつい欲張りになりあれもこれもと望むので現実化しないのです。あなたが本当に欲しいものを自分に問いかけてみましょう。そして、その欲しいもののためにあなたはどのくらい努力できるのかも自分に確認してみます。あまり努力できないのであれば、求めるものを変えるかもっと小さい望みにするかです。

 

あれもこれも欲しいなら、先ずは一つ決めて願いを叶えます。その後に次の願いを求めたほうが現実化を楽しんでいけると思います。

 

 

◆カウンセリングのご案内はこちら

◆電話・オンラインカウンセリングはこちら

◆経営者のため顧問契約のご案内はこちら

2020/08/01

出版書籍

親との問題
amazon詳細ページへ

カウンセリング実績4000件以上の著者が教える、親との関係を良くして、人生を変えていく方法。子どもの頃、親に抱いた思いが現在のあなたの問題、悩みや考え方に関係しています。「親との問題をつくり出すメカニズム」「問題を解決するポイント」「インナーチャイルドを使って感情を解消する方法」などは、あなたが親との関係を良くするために役立ちます。「主婦、母親、女性、職業人としてのバランスは?」「女性として生まれたのには意味がある」など、女性として人生をより良く生きるためのアドバイスもあり、人間として成長できる一冊です。