「片付けられない」ことと親との関係は?

こんにちは。

安藤はま子です。

 

「片付けられない事も親との関係が影響しているんですか?」
先日お会いした方から、このようなご質問がありました。

これは、すべてではないですが、関係することが多いです。

 

例えば、子どもの頃、親のやり方に不満があって「親の言うことなんてきくものか」と思ったとします。

そうなると親が「片付けなさい」と言っても、片付けませんよね。

そのまま大人になることが多いですので、その方は片付けると親の言いなりになるような気がして、片付けることができない人となります。

 

例えば、親がすごくきれい好きで子どもに何もさせず、自分で全部してしまっていたら、その子は大人になっても片付けをどこからどのようにしたらいいのかわからないということもあります。

 

親が厳しくて、完璧な片付けや掃除を求められた記憶を持つと、大人になっても「片付けや掃除を完璧にすべき」と考えるので、「きちんと片付けられないのならやらない」と思って、づっと部屋が片付かないことになるかもしれません。

 

この様な、子どもの頃にできたしこりとなっている出来事を解消して、現在の悩みの解消をしていくのが、私のところのやり方です。

ただ、私のところでは、親との問題のご相談にのっていますが、親が悪いということではなく、ご本人の問題としてとらえていただけるようにカウンセリングをしていきます。

 

親との関係は片付けのような日常の行動にも影響しています。

でも、親や自分を責めるのではなく、いかにして片付けや掃除をできるようになるかが大切ですよね。

 

あなたが変化するお手伝いを安藤はま子がいたしますので、お気軽にご相談ください。

カウンセリングの詳細はこちら

関連記事

PAGE TOP