「両親の仲が悪い」ことの解決策は?

こんにちは。

安藤はま子です。

 

両親の仲が悪く、寂しさや怒りを感じているという方。特に子どもの頃から親のけんかや冷たい関係を見てきた方は結構います。そのような親に「仲良くしてほしい」と思うのか「もう別れてほしい」と思うのかによって未来は変わります。

 

何年もすると、思った通りになっていくのです。これは、思考の恐ろしさであり面白さでもあります。

 

親に仲良くなってほしいなら、親の仲が悪い場面を見ても、「きっと仲良くなる」と思うことです。ですが、目の前で親の不仲な場面を見るとネガティブな感情が起こって、なかなかポジティブな考えになれないと思います。

 

ところで、この親の不仲は、なぜ起こっているのでしょうか?
この親も自分の鏡だとすれば、ケンカをする親は自分ということです。

 

罵りあう親の姿は自分の中にあると考えると、ケンカ好きな一面があなたにあるのかもしれません。冷たい親なら、相手を無視するような面がどうもあなたの中にあるのかもしれません。

 

こうなると親の問題ではなくて、あなたの問題になってきますね。親の問題と思っていると、問題は解決できません。自分の問題としてと考えられると、解決の方法がみえてきます。

 

また、親が不仲な状態はあなたにとってメリットもあるのです。依存的な人は、親を不仲にして自立できるかもしれません。母親か父親を自分が独占できるかもしれません。

 

このようなあなたの心を変えると、親が目の前でケンカをしていても、「きっと仲良くなる」と思うことができるようになります。すると、いつか両親の仲が良くなっていることに気が付くでしょう。

 

親の問題は、自分の問題だったのです。

 

あなたが変化するお手伝いを安藤はま子がいたしますので、お気軽にご相談ください。

カウンセリングの詳細はこちら

関連記事

PAGE TOP